いなりもりのイベント~親子であそぼう会の思い出 [午後]~ロープ遊び

いなりもり保育園に入園して最初の大きなイベントは、親子であそうぼう会です。

いなりもりのイベント~親子であそぼう会の思い出 [準備編]

いなりもりのイベント~親子であそぼう会の思い出 [午前中]~川遊び

午前中の川遊びが終わって、みんなでお弁当と”いなりもりなべ”を食べます。食後は、子どもたちは”おやつ交換”(持ってきたおやつを交換しあって、みんながいろいろなおやつを食べることができる)をして楽しみます。

午後は、いよいよロープ遊びです。

準備編でお話ししたように、朝、こんな感じにロープを張っています。

 

左が「モンキーブリッジ」、右が「マットブランコ」です(ロープでつり下げているのは体操用のマットを縦につ折りにしたものです)。

 

モンキーブリッジは、上下2本に張ったに子どもたちが乗って、横に動いて遊びます。

こんな感じです。

 

マットブランコは、2つ折りにしたマットの間に子どもが入り(定員2名)、大人が揺らします。

マットから写真の左側に伸びるロープがあって、これを大人が引っ張ったりゆるめたりして”ブランコ”します。写真のように、ほぼ垂直になるまで揺らすことができ、子どもは大喜びです。

 

準備編の写真にはないものが2つあります。「滑車」と「ロープブランコ」です。

「滑車」は、ロープで滑車を滑らせます。

滑車には、子どもが乗れるようにロープがついているので、高い側(写真の左奥)から、低い側(写真の右手前)に滑るように動くことができます。

 

個人的にお勧めなのは「ロープブランコ」です。高い木の上からつるしたロープで作ったブランコです。普通のブランコは、前後にわずかに揺れるだけですが、ロープブランコは違います。360度、大きく動きます。


これは、楽しいです。おやじも乗りたい!

残念ながら、会場の場所の木の枝の張り方の関係で、今はロープブランコはできないでそうです。なんとか復活させたい!

午前中の川遊びはおやじが川に入って”体を使って”子どもを遊ばせますが、午後のロープ遊びも、おやじが、ロープ引きなどを担当しで”体を使って”子どもを遊ばせます。

 

親子でしっかりあそんだ、楽しい1日でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です